Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参と気虚

スポンサードリンク

高麗人参と気虚

元気とは、読んで字のごとく気が元の場所にあるということだそうです。
ではこの気とは、いったい何のことを意味するのでしょうか。
体のエネルギーのなかに気が存在します。
この気が不足すると、疲れやすくなったり、体がだるくなったり、またそれによりやる気が出なくなったりとその症状はさまざまです。
これらが悪循環を起こすことにより、不眠、ノイローゼ、ストレス、自律神経失調症などの症状が出てくるのです。漢方ではこの状態を気虚といいます。
一般的に現代医学では、リンパ液のバランスや内分泌ホルモンに異常をあるということで、精神安定剤などを処方するかと思います。
ところが東洋医学では、自然治癒力を重視していることもあり、高麗人参に含まれる人参サポニンの働き(気を高揚させるサポニンと気を鎮静させるサポニン、全く反対の作用を持ちあわせているサポニン)により、気を元に戻していくことを考えます。

トップページ  |  次の記事 高麗人参と肝臓の疾患  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。