Top >  高麗人参と血液 >  高麗人参と放射線治療

スポンサードリンク

高麗人参と放射線治療

ガン治療で有名なのは、放射線治療、抗ガン剤治療、ホルモン治療です。
放射線治療を受ける場合には、ほとんど毎日、最低でも6週間は受け続けなければいけません。
また放射線治療は、本当に苦しいものです。
命のこととなると、受けざるを得ない環境に追い込まれてしまいますが、受けなくてもいいものなら受けたくありません。
それで命の保証があればいいのですが、その保証もありません。
放射線照射に対する防御作用があるのが、高麗人参です。骨髄死の防止や損傷造血臓器の回復があります。
また、射線障害の回復作用(赤血球および血小板数の回復)があります。
そして、非サポニン成分(木質部)の放射線防御効果活性物質が存在するので、放射線防御効果があります。
こういうことから考えても、放射線治療しているガン患者に高麗人参は有効であると思われます。

 <  前の記事 高麗人参と抗ガン剤  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と強壮・強精作用と不妊治療  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。