Top >  高麗人参と血液 >  高麗人参と抗ガン剤

スポンサードリンク

高麗人参と抗ガン剤

ガン細胞を殺す代わりに自分の正常細胞をも殺す、という諸刃の剣のようなおそろしいもの、これが抗ガン剤です。
しかし高麗人参は、抗ガン剤の作用を増強してくれ、また抗ガン剤によって引き起こされるであろう、副作用である白血球減少などを軽減してくれます。
そして、抗炎症作用もあるのが高麗人です。
人参サポニンには、グルココルチコステロイド(強い抗炎症作用を持っています)に似た作用や、ステロイドの血中濃度を高める作用もあります。
そして人参成分パナキシノールとリノレン酸が存在します。
これらは強力な肉芽形成の抑制作用を示します。
その他にも、食欲増進や貧血回復などの自覚症状の改善があります。
またリンパ球、赤血球、白血球の回復のような血液像の回復作用があります。

 <  前の記事 高麗人参とステロイド  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と放射線治療  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。