Top >  高麗人参と血液 >  高麗人参と抗糖尿作用

スポンサードリンク

高麗人参と抗糖尿作用

糖尿病・高血糖症に高麗人参がいい、ということを聞いたことがあります。
だからか漢方には、人参の抗糖尿作用を利用しているものが多くあります。
「消去渇」といわれている「名医別録」にでてくるものや、「白虎加人参湯」の「大渇」があります。
また他には、麦門冬湯・竹葉石膏湯があります。
高麗人参には血糖降下作用があるそうですが、それは高血糖状態の時のみ現れ、また正常値以下には下げない働きがあるそうです。
またインスリンの生合成や分泌促進、作用増強、分解抑制の働きがあり、抗脂肪分解作用も持っています。
またインスリンと類似した作用を待つ物質が存在するそうです。
アルボン酸、マンガン化合物、アデノシン、酸性ペプチド、人参サポニン(G-Rb1、G-Re)が、インスリン様物質としてあります。
また血糖降下作用があります。
そのほかにも、脂肪合成を促進させるためにグリコーゲン含有量を下げたり、血糖値を顕著に減少させてくれます。
経口血糖降下剤投与量やインスリンの節約作用および糖尿病の随伴症状を改善させる作用があります。

 <  前の記事 高麗人参と動脈硬化  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と肝臓の関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。