Top >  高麗人参と血液 >  高麗人参と動脈硬化

スポンサードリンク

高麗人参と動脈硬化

脂質とタンパク質が結びついたものを、悪玉コレステロール(LDL)と呼んでいます。
体のすみずみまで肝臓のコレステロールを運ぶ役割をしてくれるLDLですが、このLDLは、動脈硬化などをひき起こす作用が強いともいわれています。
代謝系に対する作用として、過剰なLDLを細胞の中に入れにくくする作用がある高麗人参ですが、もし細胞の中に入ってしまった場合は、それの分解を促進させる働きがあります。
その他に高麗人参は、動脈硬化症の治療剤として有用性があることが認められています。
また心悸亢進、めまい、耳鳴り、手足の冷えや痛み、疲労感、アテローマ(粥腫)の形成予防などの全般症状の改善が見られるそうです。
顕著によると、高麗人参により動脈硬化指数が改善されたという症例があるそうです。

 <  前の記事 高麗人参と血圧症  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と抗糖尿作用  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。