Top >  高麗人参と内臓 >  高麗人参と腎臓病

スポンサードリンク

高麗人参と腎臓病

腎臓病(腎炎や腎不全)は、組織の機能の低下、抗酸化酵素(スカベンジャー)の活性の低下させ、活性酸素を増加させます。
活性酸素が多くなってしまうと、活性酸素によって組織が傷つけられ腎臓はさらに悪くなってしまいます。
腎臓が悪くなると、残存腎酸素消費量が増加し、さらには活性酸素を増加させてしまうという悪循環に陥ってしまうそうです。
高血圧などから腎虚血を起こしてしまうと、血管が収縮し、活性酸素が増加し、さらに腎虚血を起こします。
抗酸化酵素は主に腎臓でつくられているので、腎不全になると抗酸化酵素の産生が低下します。
また活性酸素によって生成される血清メチルグアニジンは、腎不全・腎障害の原因となるそうです。
高麗人参は、活性酸素によって生成される血清メチルグアニジンの生成をおさえ腎臓を保護する作用がある、ということが明らかになりました。

 <  前の記事 高麗人参とダイオキシン(史上最強の毒)  |  トップページ

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。