Top >  高麗人参と内臓 >  高麗人参と血流障害と胃潰瘍

スポンサードリンク

高麗人参と血流障害と胃潰瘍

血流障害を改善する、という実験データがある高麗人参。人参エキスの効果を調べた実験データがあり、それはエンドトキシンもしくはセレトニンによって起こる、胃の粘膜の血流障害に対する人蔘エキスの効果を調べたものだそうです。
誘起剤を投与した1時間後または2時間後に、胃粘膜の血流を測定します。
その結果、エンドトキシン・セレトニンいずれの場合も、血流障害を引き起こしました。
しかし人参エキスを投与することにより、血流障害が投与量に応じて改善されていったそうです。
1時間後よりも2時間後がより改善していたそうで、高麗人蔘の量が多いほど血流の改善が見られたという結果があります。
これらの結果から、胃潰瘍の原因となっている血流障害を改善することにより潰瘍発生を抑制する、人参エキスの血流促進効果からこう考えることができるそうです。

 <  前の記事 高麗人参と不定愁訴の改善  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と肝臓  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。