Top >  高麗人参と内臓 >  高麗人参と肝臓の疾患

スポンサードリンク

高麗人参と肝臓の疾患

肝臓は、私たちが食べた食物を、エネルギーと栄養分に変化しやすいように分解、合成したりする働きをもっています。
また解毒作用もあり、体内に取り込むのに好ましくない有毒物質を、無毒にする作用もしてくれます。
良質の食品をバランスよく摂るようにすること、もちろん暴飲・暴食をしないことが、肝臓の疾患を予防するためには大切なことです。
また、なるべく食品添加物を摂取しないようにしましょう。
医薬品を連用している人やお医者さんに通っている人などは、体調に気をつけるようにしましょう。
また家族にウィルス性肝炎の患者さんがいる場合は、体調の変化に気をつけるようにしてください。
食欲不振、吐き気、頭痛、発熱、下痢、便秘、疲労感など、風邪と症状が似ているものなどは注意が必要です。またコレステロール・中性脂肪が過剰にならないよう食事にも気をつけ、ストレス・疲労の蓄積を避け、じゅうぶんな睡眠をとるようにしてください。

 <  前の記事 高麗人参と気虚  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と肝臓疾患(肝臓薬)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参で医者いらず」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。